白=清潔感

人間の自然な歯の色って実は少し黄みがかった色なんだそうです。でも黄色い歯だなんて、ちょっと不潔に見えませんか!?正直なところ。歯の色って結構気にする人はしますよね。

 

歯の色は食べているものの色にも影響します。簡単に、たばこを吸っている人の歯は汚い色をしている事が多い。これはたばこのニコチンが歯の色を変えてしまうためです。ニコチンは歯の色だけでなく、例えばたばこを吸っている人の家の壁は薄汚れていることが多い、という事から部屋の色まで変えてしまいますよね。たばこは百害あって一利なし、です。それはこんなことからも来ているのですね。またたばこだけでなく、ワインが好きな方は歯にステインが付いている事があります。ステインとは・・・歯の着色汚れです。ワイン以外にもチョコレート、コーヒー、ブルーベリーなどがあります。バナナやリンゴにもステインが含まれているそうですよ。そう思うとステインって毎日歯に付いていくもの、なのでしょう。歯を綺麗に見せたいのなら、まずはステインの除去ですね!

 

ステインの除去をするのなら・・・、自分でする方法と歯医者さんにしてもらう方法があります。自分でする方法では、研磨剤が入ったような歯磨き粉を使うことです。海外製のものも日本製のものもありますが、概して海外製の物の方が研磨剤がしっかりと入っているものが多いそうです。海外製のものを買いたいのなら、ドラッグストアに行くよりもネット販売を使った方が専門的なものを手に入れられるでしょう。また歯医者さんでステイン除去したいのなら、歯のクリーニングが良いでしょう。特別に歯の表面を磨いてもらう方法です。自分で歯をクリーニングするのには限界があります。そんな時に使いたいのがプロの技ですよね。どちらの方法でも共通して大切な事は歯の表面を擦りすぎない事です。ゴシゴシと擦るのは良くないことです。歯は本来物をかむために使うもの。その目的を邪魔しないように歯のクリーニングをすることが大切です。